読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瞬きの途中でまた世界は変わる

かなり凝り性なヲタクの時系列まとめと現場レポと

嵐Japonism@東京ドーム 23日 レポ

※閲覧注意
ネタバレ含みます。
Japonism東京初日入ってきました!
セトリ、MCと一緒に、
今回バックについについている
TravisJapanの「宮近海斗」の立ち位置なども一緒にまとめてみました。
大変汚い絵での説明も含みますので、ご容赦ください。



※閲覧注意!
ネタバレ含みます。


セトリは、福岡と変わらず。
1つ変わったのは、東京のちびJr.が2曲だけ(よいとこ、Mr.FUNK)ついたこと!
【会場全体図】

【ステージ仕掛け等】

【登場前の映像】
アニメ仕立て。
スカイツリー?東京タワー?の展望台にいる嵐5人
突然展望台のガラスに錦鯉が映る。

二宮は、いきなり江戸時代の戦場に。
兵士「おぬしは?」

大野は、刀を作っている所に。
作っている人「何が見える?」

相葉は、竹林に。
赤ちゃんをおぶる母親を見つめて
「何を守る?」

櫻井は、もみじの木の下に。
?「どうじゃ美しいじゃろ?」

松潤は何処かの城?
天守閣の縁側にたって街を見下ろす。
後ろを振り返ると、
江戸時代の人(誰!)「いい街じゃろ」

全員の顔がバババババババと切り替わって映って、「今をどう生きる?」

メンステ中央に垂れ下がる
垂れ幕が落ちると
嵐登場!

1. Sakura
嵐:メインステージ上段から登場。メインステージのみで歌う。

2. miyabi-night
バックJr.登場。赤い布を振る。
宮近:櫻井の右後ろ。
(嵐:○ 宮近:★ 他Jr.:●)

3. ワイルド アット ハート
嵐:スタンドマイク無し。

4. Troublemaker
嵐:バクステで踊る。
(大野櫻井の♡見逃した痛恨のミスw)

Jr.:バクステ左右の移動してきたムビステ上で踊る。
宮近:上手側ムビステのバクステ側から3人目。

5. 青空の下、キミのとなり
嵐:そのままバクステで踊る。

Jr.:1列になったり2列になったり。

宮近:2列体系の時は、後列一番バクステ側。


<挨拶>

嵐:バクステ。
相葉くん早速声枯れてる笑

6. Make a wish
7. MUSIC(二宮ソロ)
二宮:白い棒を持って登場
これがもう少し長くて白い感じ笑
薄い緑とオレンジに光る

二宮:客席「キャーー!」に合わせて手をあげて振る→手をゆっくり下ろす→客席黙る→また手をあげて振る→客席「キャーー!」を3回くらい繰り返す。→二宮真顔で「何おまえら!」みたいな顔笑

二宮のタップダンスに合わせていろいろな音が鳴る。

中央ステージが上昇


床が液晶パネルで、二宮のタップの動きに合わせて映像が流れる。それをドーム天井に設置されたカメラでメンステのモニターに映す。

客席「うおーーーーー!(二宮すげー!)」

8. Don’t you love me?(松本ソロ)
松潤:長いソファーに寝転がって登場。

すぐに3人のダンサー(動きが縦横無尽すぎて猿にしか見えない)に追われて、逃げまわる。

天井カメラから撮った追われてる松潤がモニターに映る。

メインステージを一階から二階までVS嵐のクリフクライムのように登り、曲最初のソファーの上に飛び乗って終了。

そのまま次曲始まる。

9. イン・ザ・ルーム
嵐全員が1人がけソファー(松潤はそのまま長いソファー)に腰掛けて歌う。

櫻井ラップでメインステージ上段のソファーに座ったままで。(帝王感)

10. マスカレード
嵐:全員ハット着用でスタンドマイク

宮近:メインステージ上段


11. Hapiness

櫻井相葉が、センステで前後に並んで交互に顔を出す。(可愛い)←この曲だったかうろ覚え

12. ハダシの未来


嵐:トロッコで登場。

スタンドマイクはなし。

13. GUTS!
Jr.:上手側から花道を通ってセンステに向かって移動。

14. 愛を叫べ
嵐:センステで踊る。
宮近:センステ横上手寄り通路センステ側から3人目。
お尻振る振り付けが可愛い…


<MC>
(嵐でーす。の後から)
S「今日のお客さんは、ポチポチ(ピコピコ?)してきてないのかな?(←セトリを見てないのかな?という意味)
すごい盛り上がってる!初日だからかな?」

S「ニノのタップ(お客さんの)も、反応良いよね?」

N「反応いいといっぱいやっちゃって足取れちゃうかと思った」

A「今日はサンタ(の格好)が多いね。
トナカイになりたい」

S「俺、衣装が相葉くんと隣なんだけど、まだ始まったばっかりなのに
隣から『あっつ、あっつ』って聞こえるのw」

O「俺も熱くて、Sakuraあたりから汗かいてきて、恥ずかしいなと思って横見たら相葉くんもうあダラダラかいててw」


S「ジャニーズWebのウラアラシでも書いたけど、福岡の本番15分前に大野さんと相葉さんの女子力が高い」

N「(大野さんと相葉さんが食べてたチョコケーキ)今日は僕も一緒に食べました笑」

観客「うおーーー」

A「もっと女子力上がってて、今日は、ハーブティー持ってきました!」

N「でも、あれ、熱い!飲めない!」

観客「wwww」

A「入れるのに慣れてないの!」

A「ハーブティーは、ネットで買いました。お歳暮もネットで買ってメンバーに送った」

M「相葉さんお歳暮あげたいって昔から言ってたけど、この前までお歳暮のこと御中元って言ってたw」

A「俺が送ったのもう届いた?」

A以外「届いたけど開けてない」

N「開けないで実家に大切に持ち帰ろうと…」

S「松本さんなにかやった?」←うろ覚え

M「僕は、挨拶回りに行きたいですね…」

S「それ抱負だよねww抱負言ってどうするのww」

M「相葉さんお歳暮は、メンバーより外のお仕事一緒にしてる人にあげた方がいいんじゃないの?」

A「もうあげたよ!日村さん(?)とか!」

A「あと、季節っぽいことといえば、ゆず風呂入った!冬至だもんね!」

A「すごいリラックスできるし、絞って遊ぶの。ゆずとゆずを戦わせたり。つうるつうるつうるつぅん!って。」

A以外と観客「wwwwwwwwwwww」

O「片付け面倒くさくない?」

A「また使えそうだから、今、乾燥させてる!」

A以外と観客「wwwwwwwwwww」



S「今日、会場一体感あるよね!」

M「スタンドもいっぱい!満員御礼!」

M「一番後ろーー!」
天井最後列観客「いえーーーい!!!」

M「1番後ろから二番目ーーー!」
最後列から2番目の観客「いえーーーい!!!」

N「いつまでかかるんだよ!!!!!(怒)」

S「じゃあ、着替え行きましょうか」

[ぐっとっぱ!]

結局
櫻井二宮と松本相葉大野に。

S「母と暮らせば見た人ー!」
観客「はあーーーーい!」

N「母と暮らせばどうぞよろしくお願いします(ペコ)」

S「新春にはね、赤めだかも放送されますね。じゃあ、赤めだかもう、見たって人ーーー!」

観客「wwwwwww(いねーよ)」

S「いねーか」

N「いたらまずいからね!」

相葉着替えて登場
母と暮らせばの二宮のモノマネする。

S「相葉さん、あと一つ何でしたっけ?」!

A「『お』坊ちゃん?」

N「言わねーよ!」

松本大野着替えて登場

M「相葉さんは、なにかお知らせありますか?」

A「お知らせといえば、相葉マナブが時間スペシャルやります!荒川を船でくだる完結編です!」

M「いつだかの紙の船みたいに沈まない?」Aの嵐( ;∀;)

M「大野さんはお知らせありますか?」

O「お知らせは本当ない!お知らせっていうわけじゃないけど、ある。」

A「松潤最近チャリこいでるんだけど、横にいるトレーナーが『ゴーゴーゴーゴーゴー!!!』ってうるさいw」

M「ゴーゴー先生は、アメリカ帰りのテンションなの」←うろ覚え

O「俺が寝起きで本番前のチョコケーキ食べようとしたら、チャリからハーハー言いながら帰ってきた松潤が、『エネルギーあがんねーじゃん!血糖値上がるだけじゃん!』ってめっちゃきれてきて怖かった」

二宮櫻井着替えて登場。


S「じゃあ、コンサートやりましょうか?」
観客「wwww」

S「うちわでもやってくれてる人いたけど、嵐、オリコン11冠だよ!」

観客拍手

S「自分でニュース見ると、本当に嵐ってすげーなって思う。」

A「それ、買ってくれてる人がすごいんだよね?」

S「何も言えねぇ」

観客「wwwwwwwwww」

15. 日本よいとこ摩訶不思議

(MC終わり、摩訶不思議前)

M「いつも一緒にまわってるツアーJr.にプラスして、今日は東京のちびっこJr.が出てくれます」

次の瞬間東京ドームが帝国劇場と化す。

メインステージの両サイドモニターにJr.マンション出現。Jrマンションは、およそ6×4が二つと、上手側のローラースケートJr.6人、下手側にも6人。

およそ60人の東京Jr.が出演。

16. 君への想い

17. Rolling days(櫻井ソロ)
メインステージ上段でファンカッション披露。

中央通路をシンバル、太鼓など引き連れて行進。

センステに再び太鼓。Jr.の列中央に入り全員で横並びでファンカッション。

18. Mr.FUNK(相葉ソロ)
相葉:黒地に星柄の気球からぶら下がった布に足を絡めた状態で登場。メインステージで降りる。
私服衣装のJr.を数十人引き連れてセンター花道をき行進。

19. FUNKY
嵐:リフトで上がる。
上手側後方は、松潤

20. Bolero!

21. 暁(大野ソロ)
大野:最初メインステージ上段に登場。変面やる。床にある赤い布を大野が頭の上まで被り、下ろした瞬間消える→センター花道に現れる。→上手側マンション二、三段目→下手側マンション二、三段目で、 ふた開けたら蛇腹がバーーーって出るやつやった。(なんて言うんだっけ…)

めっちゃかっこよかった…

22. Japonesque
23. 心の空

24. SUNRISE日本
Jr.紹介。Travisはメインステージ下手側。

25. Oh Yeah!

26. Believe
嵐がひとりづつソロダンス。
最後の松潤パートは、センステで宮近が踊る。ブレイクダンス風な振り付け。(スポットライトは当たらずあまり目立ててなかった…)

<挨拶>
櫻井大野相葉二宮松本の順

S「今日は、ファンの皆様もすごく元気で、乗せられてしまいました。」

(カメラ寄る)

S「ちょっとカメラ引いてください。引いてください!www」

S「青空のサビなんかこんなでした。めっちゃ大げさに振り」(これがやりたくてカメラ引かせたのか笑)

S「今回テーマが原点回帰でしたが、立ち止まるという意味もあれば、前に進むという意味でも あります。

皆さん、置いていかれないようについてきて下さい」



O「僕も乗せられましたw愛を叫べの振りとかこんなでしたw(櫻井と同じように大袈裟な振り)

今回、マスク(ソロの変面)も17.8年振りで、昔からやっててよかったなー、久しぶりにやれてよかったです。」

皆さんが生の嵐を見るのって今年もうあまりないですよね。」

会場「wwww」

O「だってそうじゃん!

まあ、テレビにもたくさん出ますから見てください」


A「皆さんきょっ(噛んだ)」

会場「wwww」

A「FUNKダンスも年末年始でクソ忙ち(噛んだ)時なのにみんなカンペキで!びっくりしました!」

A「命懸けのMr.FUNKも成功しました!」

会場拍手

A「今日これを(?)家に持ち帰ります。家で大切に温めます。そして、明日またここに持ってきます。」

A「また皆さんと遊べるように頑張るので応援宜しくお願いします!」



N「もう今日飲みたくて飲みたくて!JCBで買った一番搾りをHITACHIで冷やしてるんですよ。早く家帰りたい。もう今日なんか、JALで帰りたいくらいで、そろそろ年賀状書かなきゃなーって。まあ、コンサート終わって落ち着いてきたらホームズで家でも探そうかなと。」

M「どこに向かって挨拶してんだよ!」

N「ファンの子にだよ!」

(この公演は企業関係者が多く来てたらしい笑)

M「今日一番思ったのは、32歳最後の相葉くんとステージに立ててよかったなって」

相葉と握手→ハグ

M「この16年悔しいこともあった。僕らがこうやって5人で東京ドームにステージ立てるのは本当に幸せです。

《いつもありがとう》

オープニングの映像で『今をどう生きる?』っていうのがあったと思うんですけど、今日のコンサートがみんなの中でポジティブな気持ちとかで残ったら嬉しいです。今日ここで感じたことを親しい人や近しい人に伝えてくれたら、みんなが明るくと思います。

今年は、『原点回帰』をテーマにしたコンサートだったけど、いろいろなチャレンジをしたコンサートでもありました。相葉くんのMr.FUNKとか!

後輩にどうレールを敷いていくかっていうコンサートでもあって。」

(後輩思い!!)

《ありがとう》(口パクで)

27. 僕らがつないでいく
松潤冒頭のソロの歌い方がAAAの頃のLove so sweetソロのあまーい感じだった…

<アンコール>
28. ユメニカケル
上手側スタートのトロッコ二宮櫻井
下手側スタートのトロッコ相葉大野松潤

29. Love so sweet
バクステ前でトロッコがすれ違う。

メインステージ上手側に向かうトロッコ相葉大野松本

トロッコでてきてすぐ松潤がトロッコの固定カメラに顔を近づける。←かわいい

メインステージ下手側に向かうトロッコ二宮櫻井

メインステージ下手側出入口横で二宮櫻井ぐるぐる追いかけっこ。二宮が櫻井の肩にサロンパスを貼る真似。

松潤ソロは、トロッコ上手側出入口の横で。


30. A・RA・SHI

二回目のJr.紹介
メインステージで、一列になってお辞儀。
嵐:全員通路をぐるぐる歩きながら。
相葉の膝に二宮座ろうとする。床に倒れる←かわいい

〈最後〉
メインステージ上段の床からはける。
ギリギリで
N「櫻井さん!サロンパスを貼ってあげますよ!」(また、櫻井の肩にサロンパスを貼る真似)

松潤手ピースしてはける。



〔個人的感想〕
今回のコンサートのテーマである『原点回帰』で、メンバーそれぞれがジャニーズ事務所51年の歴史を、改めて振り返るとともに、
松潤の「今回はチャレンジでもあって。後輩達にどうレールを敷いていくかっていうコンサートでもあった。」という言う言葉、BelieveダンスソロをJr.に譲ったり、今まででは異例の人数と年齢層の広いのJr.をつけたりと、
嵐が今回初めて『次の世代』を意識したコンサートだと強く感じた。

個人的に今までの嵐は、先輩の後を追いかけて上へ上へと突き進むイメージだった。

『追いかける』側から『育てる』側へ

今回のコンサートは嵐のグループとして次章の幕開けとなったと強く感じた。

止まる事を知らない嵐と、その背中を追いかけるジャニーズJr.のこれからの活躍が本当に楽しみ。


記憶が曖昧な箇所も多々ありますので参考程度にしていただけると有難いです。
分かりづらい箇所などありましたら、質問等していただきたいです。分かる範囲でお答えします。



閲覧ありがとうございました。